8日東京・池袋にあるサンシャイン水族館で魚の大量死が発見されたと衝撃的なニュースが発表されました。

空飛ぶペンギンなどでも話題になっていたサンシャイン水族館で何が起こったのか?気になる情報をまとめていきたいと思います!

サンシャイン水族館(サンシャインラグーン)で起こった魚の大量死の原因は?

サンシャイン水族館で展示されている目玉にもなっている大型水槽 「サンシャインラグーン」で魚類 24種類1235匹が死んだ発表され、1235匹はなんと水槽内の94%!

水槽の大きさも幅が約12メートル、奥行き約9.6メートル、高さ約2.4メートル。約240トンの容量を誇るためサンシャイン水族館では最も大きいです。この数字だけで見てもいかに巨大な水槽かわかりますね。

逆に被害も大きくなるわけですが、今回の原因は以下のようなものでした。

7日午前、水槽内にいる一部の生き物の治療中として薬品が投入されたようで、効果を高めるために、細かい空気の泡の装置を使って水槽内のゴミやフンを取り除く装置を止めた。別の装置で酸素は補給し、同日の夜には異常がないか経過観察も行われていたが、8日の朝の巡回中の警備員により発見されました。

この結果から、今回の大量死の原因は今のところ酸欠が原因と見られているようです。

水槽内全て全滅ではなかったので生き延びた魚たちもいます。トラフザメやヒョウモンオトメエイ26種類73匹です。別の装置で酸素が補給されていたようなので助かったのかと思います。

今後、サンシャイン水族館側の管理方法など問題視されそうですね。

営業再開はいつ?営業中止?

公式サイトでも営業中止とはされておらず一部内容は変更されるようですが11月9日(木)も通常営業するようです。

 

一部予定変更は 水上パフォーマンス、エサやり、探検ガイドツアー が中止されます。

Twitterでの反応は?

サンシャイン水族館のこの事故は早くも話題になっていて残念がっている声が多数みられました。

サンシャイン水族館詳細

まだ行ったことないよという方や近々行く予定があれば参考までに書いておきます。

・基本営業時間 ~3月31日 10:00~18:00 4月1日~10月31日 10:00~20:00

*最終入場は終了の1時間前。年中無休。

[特別営業時間]屋外ガーデンエリアのみ 「ナイトマリンガーデン」11月24日(金)~2018年3月10日(土)までの金・土曜日 18:00~20:00 *12月22、23日を除く。

クリスマス特別延長営業時間 12月22日(金)~25日(月)10:00~21:00

*最終入場は終了の1時間前。

・入場料金 大人(高校生以上) 2,200円。こども(小・中学生) 1,200円 幼児(4才以上) 700円。団体料金や、年間パスポートあり、障害者割引などあり。

・アクセス

他にもショップ アクアポットでお土産を選んで、水族館の記念に残したり、疲れた時の休憩には、カナロア・カフェもあるのでゆっくりできるのがいいですね。天気がいい日は外の席も利用できろうなので開放的になりますね。

豊島区の観光スポット139軒中1位、口コミの評価もとてもよかっただけに残念な事故が起こってしまいました。

子供達も相当ショックを受けてしまうのではないでしょうか?今後このようなことがないように対策を検討してもらいたいですね。