コロナの影響で、マスクが欠かせない毎日。マスクが手に入らない日々が続いてる中、洗えるマスクとして需要が高まっているピッタマスク!

洗えるって言われても、どの洗い方が正しいの?手洗いなのか洗濯機なのか、出来れば長持ちさせたいですよね。

洗剤もどれを使えばいいのか?間違った洗い方をしてるんじゃないかって気になる事だらけ。

今回は、正しい洗い方や、洗剤で洗えるのか?についてまとめてみました。

毎日つけるなら、いい気分で使いたい!ということで、匂いを良くする方法も紹介したいと思います!

スポンサーリンク



ピッタマスクの洗い方は?

まずは、正しい洗い方を公式動画で見てみましょう!

動画では…

①中性洗剤を使って手洗い軽くもみ洗い

②十分にすすぐ

③両手で包み込むようにしぼる

④乾いたタオルで水気を切る

⑤室内で陰干し

ポリウレタンの素材は優しく洗うのが基本!

手洗いといっても、力を入れて扱うと、耳にかける部分は特に薄いので破れたりするんですよね…。

動画を見ているだけだと、手洗いでも簡単そうに見えますが実際、毎日洗おうとすると、たった数分の作業でも面倒になってきます。

そのまま洗濯機につっこんじゃえ!って思ってしまいます(笑)

洗濯機は推奨されてないようですが、洗濯機で洗うと、どのようになってしまうのでしょうか?

洗濯機で実際に試している方で、ネットに入れて10回以上洗っても問題ないよ!と言う声もありましたが、洗いすぎて通気性がよくなることでマスクの効果が気になったり、洗濯機で洗った後にボロボロになって使えない!なんてこともあるので、手洗いをオススメします。

1回洗うのに、何十分も洗濯機で回すなら、面倒でも手洗いのほうが長く使えそうですよね

室内で陰干しする時は、洗濯バサミは使わないようにしましょう。

動画では洗濯バサミに挟んでありますが、挟んだ部分がヨレてしまうため、洗濯バサミには挟まずに引っかけて乾かすよといいですよ!

このようにすれば、取るのも簡単です♪

ピッタマスクは洗剤で洗える?

洗剤の種類って、めちゃくちゃ多いですが、どの洗剤がいいか分からないですよね。

公式では、中性洗剤が推奨されていますが、1番身近な食器用洗剤の中には、「弱酸性」、「弱アルカリ性」、「中性」と3つあります。どのように違いがあるのでしょうか?

「弱酸性」に優しい!汚れは落ちにくい。

「弱アルカリ性」…油汚れに強い!強い分、肌荒れの原因にも。

「中性」…汚れ落ちと肌への負担もバランスがよく、弱酸性と弱アルカリ性の中間ですね。1番多く使われています。

マスクの汚れ、つけた時の肌への負担、両方を考えると中性洗剤を使うのがいいのかなぁと思います。

なので、たくさんある中から、実際に使ってよかったものがツイッターで紹介されていたので3つ紹介します!

オススメの中性洗剤!

・Magica 、ヤシノミ 中性&無香料

・キュキュット泡スプレー 無香料

Magicaやヤシノミ、キュキュット泡スプレーなど、香りに弱い人には無香料がいいと思います。

女性だと、メイクしてマスクをつけるので、ファンデーションがついちゃいますよね…。

ファンデーションには油分が含まれているので、中性洗剤で洗うといいですね!

↓こちらの記事で、マスクをつけての肌荒れやメイクがつきにくい方法も載せてあります♪

ピッタマスクの向きや裏表の見分け方についても!

そもそも洗剤自体に抵抗がある方もいるんじゃないでしょうか?

そんな方にもオススメなのが、ハンドソープ!

オススメのハンドソープ

・MARKS&WEB ハンドソープ

ハンドソープだと肌につけても優しいですよね!

どれも無香料なので、洗った後の匂いが気になる方も多いってことですよね?

香りがきつい!無臭がいい!という方は、無香料の物がオススメです。

スポンサーリンク



ピッタマスクの匂いを良くする方法!

次は、香りを楽しみたい方もいると思います!

アロマオイルなどで香りを楽しむこともできますが、アロマオイルを買わなきゃいけなくなっちゃうので、どの家庭にもある柔軟剤を使います!

柔軟剤を使っても、洗濯機は使いません♪

手洗いした後に、ごく少量の柔軟剤をつけて、よくすすいでください。

レノアハピネスのアンティークローズ&フローラル、フレアフレグランスのヴェルベット&フラワーはオススメですよ!

この時に、洗剤の匂いと混ざる場合もあるので無香料の物か、汚れがなければ水洗いだけでもいいかもしれませんね。

量は少量でないと、匂いがきつくなり、気持ち悪くなってしまう可能性があるので必ず少量にしましょう。

肌に触れるため、柔軟剤で肌が荒れがてしまう場合はおすすめできませんので注意してくださいね!

まとめ

ピッタマスクの洗い方は、優しく手洗い。

①中性洗剤を使って手洗い軽くもみ洗い

②十分にすすぐ

③両手で包み込むようにしぼる

④乾いたタオルで水気を切る

⑤室内で陰干し

干す時に、洗濯バサミに挟まず、引っかける。

中性洗剤を使い、香りが気になる方は、無香料。

洗剤が気になる方は、肌に優しいハードソープ。

香り付けに柔軟剤をごく少量使うのもオススメ。

以上のことが分かりました!

正しい洗い方や、干し方、洗剤の種類に香り付けも是非、試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク